社労士の資格取得を目指す場合、どのくらい試験がむつかしいのかを知っておいた方がいいはずです。 社労士の試験の難易度は、宅地建物取引主任者(難易度が高い試験なので、資格の取得にはしっかりとした対策が必要となるでしょう)や税理士よりも高く、国家試験(業務独占資格は特に難易度が高い傾向があるでしょう)の中でも困難な試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)です。 一般的には、行政書士や弁理士、公認会計士(公認会計士になるためには、合格率が6〜8%の公認会計士試験に合格した上で、2年以上の業務補助などを行い、実務補習を修了して、内閣総理大臣の確認を受け、公認会計士名簿に登録しなくてはいけません)と言う資格(対策をしっかりしないと、時間とお金のムダになりかねません)と同じくらい試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)が難しいだとされているのです。 受験者は毎年増加傾向にありますが、だからといって合格者が増えていないのが現実です。 合格率(低い試験ほど通った後に役立つことが多いものです)は、例年7パーセントくらいなので、100人中7人しか合格者が出ないことになります。 そのため、一発で合格するのは至難の業かといって、中には1回の受験で合格する方もいるようです。 ただ、そういった方は社会保障制度に関する知識をある程度持っていたと言ったケースが多く、資格取得者のほとんどは何度か落ちていることでしょう。 合格者の中には、5回目や6回目の受験でようやく合格したという人も少なくありません。 満点(小学生のうちは簡単に取れても、学年が上がるにつれ、難しくなっていくでしょう)を目指そうとすると広く浅い勉強になってしまい、本番ではいい結果が出ないことが多いです。 合格の可能性を高めるためにも、8割〜9割の点数を目指して学んだ方が良いでしょうー